施工事例

大浴場のリフォーム【株式会社N様埼玉工場・120周年記念事業】

大浴場のリフォーム【株式会社N様埼玉工場・120周年記念事業】

概要

株式会社N様の埼玉工場では、従業員の方々が作業でかいた汗を洗い流せるように、大浴場を完備しておられます。今回は、引き続き120周年記念事業の一環として、やや老朽化がみられる大浴場をリフォームすることになりました。従業員の中には毎日お風呂を楽しみにしている方もおられ、大浴場は職場環境としては非常に重要視されています。

リフォーム前

リフォーム前は、壁、床、浴槽、全てのタイルに経年劣化が目立ちました。剥がれる部分も出てきていました。掃除は定期的に行っているものの、落としきれいないカビによる黒ずみができていました。シャワーの水栓は一度交換されており、特に使用に問題はない状態でした。

リフォーム前の大浴場。浴槽のタイルが老朽化している。 リフォーム前の大浴場の全景。全体的に清掃は行き届いているが、タイルをみると古い感じがする。

リフォーム中

工場が操業を停止するGW中に工事を行うこととなりました。解体から仕上げまで9日間で行う工事となりました。

今回は、腰から下のタイルや石全てを剥がし、張り替えます。浴槽の天板の石も長年の使用により、下地との接着が弱まり、簡単に剥がれました。

浴槽のタイルをドリルで剥がしている 浴槽のヘリを剥がした。

以下の写真はタイルを剥がし終わった後になります。

タイルを全て剥がし終わった。 洗い場のタイルも全て剥がした。

今回のリフォームでは既存の部分を残しながら工事を行う必要があったため、慎重に工事を行いました。

腰から上はタイルを剥がさずに、化粧パネルを貼っています。タイルが浮いている部分は、タイルを剥がして補修を行いました。化粧パネルは単調な色使いにならないように、木目調のパネルを洗い場の壁面に貼り付けました。

また、天井は一度張替えていたため、今回は既存のものをそのまま使うことになりました。

壁面には化粧板を貼っている。 お風呂に入った人が落ち着いてリラックスできるよう、シックな色の化粧板をタイルの上から貼っている。

 リフォーム後

シャワーと照明については、既存のものをそのまま使っています。また、木目調の化粧パネルにより、落ち着いた空間になりました。パネルは木に見えますが、耐候性の高いシートを貼ったアルミ板のため、耐久がありメンテナンスも容易です。

リフォーム後の大浴場の全景。シックな壁が目を惹く。 リフォーム後の洗い場。

腰から下の部分は掃除などで用具が触れたり、椅子などがぶつかっても傷つかないようにタイルにし、腰から上の部分は、メンテナンスが容易で見た目が良い化粧パネルを張ることにより、長く綺麗に使っていただけるように配慮しました。

リフォーム前と比べて、落ち着いた洗い場となった。 浴槽は、タイルが綺麗になり、気持ちよく入浴を楽しめるようになっている。

このようにリフォームによって大きく変わりましたが、担当者の方も工事が進むにつれて変化する様子が楽しいようで、なんども足を運んでいただきました。

>>弊社のお風呂リフォームの特徴やお客様の声、価格はこちら

2017年5月17日 6:43 PM
水品建工へのお問い合わせの際は、048-263-2525まで

フォームで相談する

メールによる相談や休日・夜間の相談をご希望の方は以下のフォームに必要事項を記入し、「問い合わせる」ボタンを押して下さい。
[]
1 Step 1
Previous
Next