外壁塗装のトラブルで怒る若い女性

色がイメージと異なる場合にトラブルに

外壁塗装で考えられるトラブルとして、色がイメージと異なるということがあります。

外壁塗装工事の契約をする際には塗料の見本が掲載されている見本帳を見ながら色を決めていき、利用者の好みのイメージを選ぶことができます。豊富な見本の中から仕上がりをイメージして選ぶのは非常にワクワクして塗装完成が待ち遠しくなるはずです。

しかし、いざ、塗装が完成して実物を見てみたら、見本帳で選んだものとはイメージが異なっていた、という場合もあります。

これは、見本の色の周りが白いため、濃く見えてしまうのが原因として挙げられます。見本で見たものを実際に外壁に塗装してみると、見え方が変わってきてしまうのです。見本よりも、実際に塗ったイメージは明るく鮮やかになりがちだということを頭に入れておく必要があります。イメージが違うからといって塗り直しをしてもらうことは業者が嫌がる行為になるので避けたいところです。

このようなトラブルを避けるためには、見本帳を見て決める際には、見本だけで決めるのではなく、試し塗りをしてもらい、カラーシミュレーションをすることが必要です。

ベニヤ板に試し塗りをしてもらい、それを太陽光の下に持っていけば仕上がりをイメージすることができるのです。また、パソコンを使って何パターンかイメージを作成してもらうこともよい方法になるでしょう。

水品建工へのお問い合わせの際は、048-263-2525まで

フォームで相談する

メールによる相談や休日・夜間の相談をご希望の方は以下のフォームに必要事項を記入し、「問い合わせる」ボタンを押して下さい。
[]
1 Step 1
Previous
Next