外壁塗装

外壁塗装は住宅を快適な状態に維持する

外壁塗装は住宅を維持するために必要なリフォーム工事です。

住宅の外壁は常に外部から様々な影響を受けています。風雨や紫外線のほか、気温なども建材を劣化させる一つの原因です。それら建材の劣化から住宅を守護しているのが塗装なのです。

外壁塗装で使用される塗料はグレードなどにもよりますが、防水や防湿、紫外線を防ぐなどの機能が備わっています。また、外壁塗装のリフォームでは、塗料を外壁に塗るだけでなく、コーキングなどの工程が組まれ、劣化した建材の修復や補修なども併せて行われるのが一般的です。従って、放置すれば住宅に深刻な被害が及んでしまう建材の状態を早期に発見し修復できるメリットもあると言えます。

この様に、外壁塗装は住宅の寿命に大きく影響するリフォーム工事ですが、定期的に塗り替えを行うことによって高い効果が得られるのが大きな特徴です。なぜなら、外壁塗装に使用される塗料には寿命があり、一度工事を行ってその後長期間に渡り放置すれば、塗料の持つ機能が失われ住宅を守れなくなるからです。

塗料の種類によって寿命が異なる

塗料には様々な種類があり、機能を発揮できる寿命についても種類によって異なります。住宅が建っている環境なども影響しますが、数年しかもたない塗料から、高機能塗料になると15年以上もつ種類もあります。何度も塗りかえさなければならないのを避けて長寿命の高機能塗料を選択すれば良いと考える人もいますが、機能性が高い塗料はその分料金も高額になります。

外壁の面積がとても広い住宅であれば、足場代なども考慮して長持ちする塗料を選べばコストパフォーマンスが良いと言えますが、一般的な広さの住宅であれば7年から10年程度の寿命がある塗料で定期的に外壁塗装をした方が得だと言えます(遮熱塗料などを採用して室温を保ち電気代を安くしたい場合や、地球環境に優しい塗料を使いたいなどの場合は、高機能塗料を選択するのも良いでしょう)。

塗り替えが必要になる時期

では、塗り替えの必要性がある時期とは具体的にいつなのでしょうか。前回の塗装で使用した塗料の寿命は一つの目安となりますが、近年の温暖化など、異常気象が影響して塗装の劣化が早くなる場合もありますし、塗装を行った職人の能力によっても塗り替えの時期に差が出る場合があります。

まず住宅のチェックを自分で行い、塗り替えの時期かを見定めましょう。住宅を一周して全ての外壁を点検し、黒いシミの様なものや、緑色のコケが見つかったら塗り替えの必要性があります。ひび割れや剥がれなどが出ていても劣化している証拠です。また、一見美しい状態でも、外壁に指で触れたら粉状のものが付着するチョーキング現象と呼ばれる症状もあります。この場合でも塗り替えを行う時期と言えるでしょう。

塗り替えには費用がかかりますが、定期的に行えば正しく住宅を守れます。時々は住宅周りをチェックして、塗り替えの時期を見定めるのは住宅の寿命を長くするためにとても大切です。

水品建工へのお問い合わせの際は、048-263-2525まで

フォームで相談する

メールによる相談や休日・夜間の相談をご希望の方は以下のフォームに必要事項を記入し、「問い合わせる」ボタンを押して下さい。
[]
1 Step 1
Previous
Next