工場から住居へのリノベーション

工場から住居へのリノベーションにおいて当社が選ばれるポイント

  1. 一級建築士や既存住宅現況検査技術者がリノベーションが可能かどうかしっかりと建物を検査します。
  2. ご相談・お見積の段階から建築士が対応致します。
  3. 住宅や賃貸用アパート・マンション(テクノストラクチャー、RC造、SRC造)に多くの施工事例があります。
<当社の建築士>
水品建工の建築士

リノベーション事例

川口市の施工事例

さいたま市の施工事例

工場から住居へのリノベーションの有用性

先行き不安や後継者の不在によって工場を閉鎖するケース、相続によって取得した工場の土地・建物を持て余すケースが増えています。工場は稼働しなくても、毎年の固定資産税の支払いは必要ですし、無骨な古い建物は街の景観を損ねることにもなります。

そのような工場は、賃貸用のマンションや戸建住宅に建て替えすることが望ましいと言えますが、解体費用や建築費用による資金的な負担が非常に大きくなるのが一般的です。

資金をできるだけ節約して賃貸物件や戸建て住宅にしたいというご希望がある場合、水品建工ではリノベーションをオススメしています。

工場の頑丈な骨組等活かせる部分をそのまま活かし、内部を住居として造作することよって費用を抑えながらも、施主様の住居とすることもできますし、賃貸物件とすることも可能です。

弊社が手掛けた事例では、キッチン、お風呂、トイレ等住居に必要な設備を全てを設置し、内装を整えることで、快適な住まいにリノベーションすることができました。

また、賃貸用物件投資という観点で見れば、投資金額が少なければ、初期投資額回収のハードルは低くなりますので、無理に家賃を上げる必要もなく、家賃が適正であれば、店子も入りやすくなります。また、無骨な工場の骨組みを逆にスタイリッシュに見せることができれば、他の物件との差別化も可能となります。

工場から住居へのリノベーションのポイント

住みやすさを害さない範囲内で活かせる部分を活かし、費用を抑えることがポイントとなります。また、特に賃貸用にリノベーションする場合は法令のチェックが必要になりますので注意が必要です。