概要

埼玉県川口市の畳床リフォーム事例です。築30年程度のお宅なのですが、歩くと畳の下がぶかぶかとするようになり、リフォームに踏み切りました。

畳床リフォーム工事前

リフォーム前(畳を剥がしたところ) リフォーム前(床が柔らかくなっている)

畳をはがし、床が露出した状態です。人が乗ると床がへこんでいることが分かります。このように人が歩くとぶかぶかしてしまうという問題が起きていました。原因としては、ベニヤの強度の低下とともに床下の湿気が考えられました。また、畳の部屋は昔から根太と根太の間隔が広く、畳が古くなるとそれだけでもぶかぶかする場合もあります。時には根太が折れている場合もあります。

畳床リフォーム工事中

畳床リフォーム中
根太と根太の間が広いので、新しい根太(写真で白く見えているもの)を追加しました。既存の根太は幸いにも腐食等が見られなかったので、根太の入れ替えではなく、追加という形にしました。

畳床リフォーム工事後

畳床リフォーム後(畳を敷く前)
新しく、構造用合板を敷き詰めました。昔からよく使われているベニヤ板は、接着剤の劣化により概ね20年~30年程度が寿命と言われています。家具が傾くなど危険なことがありますので、畳がぶかぶかしてきたらお早目の床リフォームをお勧めします(前もって畳の計測は必要ですが、6畳間程度であれば、工事は1日で完了します。)。

>>リフォームについて詳しく知りたい方はこちら
>>住宅見学会の様子はこちら

おすすめの記事