概要

埼玉県さいたま市の屋上防水リフォーム事例です。約十年前に建てられたお宅のだったのですが、経年劣化がみられた為、リフォームに踏み切りました。

屋上防水リフォーム工事前

屋上防水リフォーム前(床面に足跡ができてしまう) 屋上防水リフォーム前(床面を触ると指が白くなる)
調査で屋上に上がった時の写真です。手で触れると白い粉が付きました。また、同じように靴で歩いた後に足跡ができてしまいました。これらは、チョーキング現象と呼ばれていて、トップコートの劣化によって発生します。そのまま放置しておくと大事な防水層を痛めてしまう原因となります。

屋上防水リフォーム工事中

高圧洗浄

屋上防水リフォーム中(高圧洗浄前) 屋上防水リフォーム中(高圧洗浄後)
まずは、高圧洗浄によって汚れを一気に綺麗にします。高圧洗浄をかけると劣化したトップコートが白い水となって流れていきます。

ケレン

屋上防水リフォーム中(ケレン)
サンドペーパーを使って、劣化したトップコートの凹凸を確認します。表層を研磨し、新しい層を出します。

防水施工

屋上防水リフォーム中(防水施工・プライマー) 屋上防水リフォーム中(防水施工中) 屋上防水リフォーム中(防水施工・防水完了)

屋上防水リフォーム中(防水施工・中塗り) 屋上防水リフォーム中(防水施工・トップ施工中) 屋上防水リフォーム中(防水施工・トップ施工中2)

防水がしっかりつくようにプライマーをしっかりと塗布します。今回はFRPの補強も併せて行いました。その後、トップコートを行いました。

トップコートは防水層の保護材となっていますので、5年を目安として塗り替えをお勧めしております。

>>リフォームについて詳しく知りたい方はこちら
>>住宅見学会の様子はこちら

おすすめの記事