埼玉県さいたま市の高齢化対応お風呂リフォーム

概要

埼玉県さいたま市の築40年鉄骨造のお宅のお風呂を全面リフォームした事例です。高齢化対策として、バリアフリー化、ヒートショック対策を行いました。

リフォーム中

お風呂の解体中の様子。タイルも剥がす。 お風呂を取り外した様子。
お風呂を取り外した後は、壁のタイルを剥がす 同様に、お風呂の壁のタイルを剥がしている様子。

高齢の方にとって、在来の浴室は冬になるととても寒くなり、ヒートショックの危険性が高まります。また、タイル張りの床は滑りやすく危険です。今回のお風呂リフォームにおいては、手すりを設置し、脱衣所と浴室の段差をなくすことでバリアフリー化し、更に保温性の高い浴室(ユニットバス)に変更することになりました。

リフォーム後

リフォーム後のお風呂の様子。明るい浴室となっており、バリアフリーとなっている。

完成後は、非常に明るく居心地のよい浴室となりました。ポイントとしては、浴室の床に床暖房が設置されているということです。30分位前にスイッチをオンにしておくと、脱衣所から浴室に足を踏み入れたときにヒヤッとすることがなくなり、浴室全体が暖かくなっています。暖房付きの乾燥機もついていますので、両方をうまく活用することで、寒暖の差を減らし、安心してお風呂に入っていただけます。

鏡の前にある茶色の棚が目立つと思いますが、網棚になっていることでシャンプー等を置くことができるようになっています。そして、もう一つの特徴としては、手すりの機能を有しているということが挙げられます。浴槽に出入りする際や、移動する際につかまることができます。室内の空間を有効活用しつつ、高齢化対応が可能となっています。「おきラク手すり」という名前の商品ですが、とてもオススメです。

>>弊社のお風呂リフォームの特徴やお客様の声、価格はこちら

おすすめの記事