トイレの交換と腐食した床の修繕(埼玉県川口市)

概要

トイレの便器交換と床の修繕を行った事例です。当初はトイレの交換だけをしようと考えていたそうですが、あるリフォーム屋さんに頼んだところ、床が腐食しているとうちではできないと言われ、大工工事も可能な当社に相談がありました。

工事前

リフォーム前のトイレは、ウオッシュレットが付いているものの大きな隅タンクがトイレのスペースを狭めているという昔ながらのトイレでした。

交換前のトイレ。タンクが付いている。

やはり床の状態が悪くなっていました。トイレが接地している部分をみると、水漏れによって腐食が発生している様子が伺えます。

ブレているが、トイレの下の部分から水が漏れていることが分かる

工事中

まずは、床を剥がして床下の状況をみてみます。すると・・

床を剥がしている様子

床板を支える木材が腐食していることが分かります。床下にしみた水分によって徐々に腐食が進んだとみられます。

床を支える木材が腐食しています。 柱も腐食している

このように切り出してみるとかなり激しく傷んでいる様子が分かります。

腐った木材 腐食しています

このように腐食している部分を取り除き、新しい木材で補強します。そして、その後防蟻(シロアリ等を防ぐ)・防腐剤を塗布し、新たに木材が腐食することを防ぎます。

防蟻・防腐剤を散布します。 新たな木材で枠組みします。

工事後

TOTO製のウオッシュレット付きトイレを設置することになりました。

リフォーム後のトイレ

>>トイレのリフォーム(一般住宅)

おすすめの記事