テクノストラクチャー工法で建築した商業施設(さいたま市)

<概要>

耐震工法テクノストラクチャーで商業施設を建築したさいたま市南区の事例です。重量鉄骨に比べて自重が軽いため余計な杭が基礎が必要なく、ローコストで建築することができ、木造なのにも関わらず長寿命ですので、オーナーさんも大喜びとなりました。
面積:347.8㎡(105.2坪)
仕様:耐震工法テクノストラクチャー

建築中~完成後

耐震工法テクノストラクチャーで建築した商業施設(さいたま市)事例の工事中写真 耐震工法テクノストラクチャーで建築した商業施設(さいたま市)事例の内観写真

テクノビーム(木+鉄の梁)で天井を支えることにより耐震等級3を確保するのと同時に、柱を4本に減らし、広々大空間(16メートル×16メートル)を実現することができました。

耐震工法テクノストラクチャーで建築した商業施設(さいたま市)事例の外観写真

建物の前を通りかかった人たちも見た目からは木造とは想像できないようでした。

>>耐震工法テクノストラクチャーで耐震住宅を建てる

おすすめの記事