木造住宅を建てる上で重要な箇所が「基礎」。

家を支えるための重要な縁の下の力持ちです。

「基礎」は外側からは見えない部分なのですが、基礎がしっかりしていなければどんなに頑丈な家であっても基礎がしっかりしていなければ、地震などで倒壊する危険もあります。

「基礎」とは上の建物を支えるため鉄筋とコンクリートで作られる頑丈なものです。それでも建物が重すぎたりすれば、地震などの大きな力がかかった場合に変形して壊れてしまうこともあります。地盤の固さだけではなく、建物の重さや間取りによっても基礎に掛かる力は変わってきますので、まずはしっかりと構造計算を行うことが大切なのです。

また、施主様のご要望によって基礎自体も変えていく必要がございます。

例えば、「屋根を瓦にしたい」「外壁をタイルにしたい」「2階の娘の部屋にグランドピアノを置きたい」など、間取りだけではなく、建物の素材や家具の種類によっても住宅の重さは変わってきます。ですから、重さによって基礎も変わってくるのです。

テクノストラクチャー工法では、構造計算に基づいてその家にあった最適な基礎を計算する事ができるのです。

おすすめの記事