外壁塗装のトラブルで怒る男性

近隣への配慮を怠るとトラブルへ

外壁塗装工事を行うとき、近隣への配慮を怠ってしまうとトラブルへと発展する可能性があります。

起こりやすトラブルの事例としては、騒音、塗料の臭い、隣家の壁や花壇などへの塗料の付着、といった3つが挙げられます。

足場を組むときの音は、人によってストレスと感じることがあります。また、塗料の臭いによって頭が痛くなったり、気分が悪くなったりと健康被害に繋がる可能性もあり、近隣住民の生活に悪影響を与えてしまいます。特に、家にいることが多い休日にも外壁塗装を行う場合、苦情になりやすい事例です。

そして、近隣住宅の壁などに塗料が付いてしまう原因としては、塗料の飛散を防止するシートなどの設置が不十分なことが挙げれます。塗装箇所以外に塗料が付かないようにシートで覆うのが基本ですが、シートが剥がれてしまったり、塗装中の風が強かったりすると塗料が周囲に飛んでしまうことがあります。

このようなトラブルを招かないためにも、工事の一週間前には挨拶回りをして理解を得ることが大切です。ただ工事を行うことだけを伝えるのではなく、いつからいつまで行うのか、休日も作業をするのかなど詳細を伝えます。また、作業前には塗料が飛散しないように養生シートが設置できているかをよく確認することが重要です。

水品建工へのお問い合わせの際は、048-263-2525まで

フォームで相談する

メールによる相談や休日・夜間の相談をご希望の方は以下のフォームに必要事項を記入し、「問い合わせる」ボタンを押して下さい。
[]
1 Step 1
お名前your full name
お問い合わせ内容以下から、お問い合わせの内容をお選び下さい。
お問い合わせの詳細お問合わせの内容を記入して下さい。
0 / 500
お電話番号your full name
ご住所your full name
Previous
Next