散水装置による工場冷却の事例

当事例では、「冷房の効きが悪く、工場内が暑くて仕方がない。どうにかして欲しい」ということで、屋根を冷却することで工場全体の室温を下げました。

今回利用したのはViuと呼ばれる特許も取得している散水装置です。

散水装置で屋根に水をまくことで打ち水効果を利用して、対象区域を冷却するという技術で、日本サッカー協会公認ピッチである「押原公園人工芝グラウンド」の温度低減にも利用されています。

このグラウンドにおける実証実験では、散水スタート時には62度だった表面温度が、散水5分後には38度にまで下がることが確認できています。

今事例ではこの装置を利用して、工場の温度を大きく下げることに成功しました。

まずは、このように屋根全体に配管を行います。

この散水装置で水道水を散水することで、気化熱を利用し、屋根を冷やしています。

導入コストやランニングコストの問題は?

工場の面積などによってもコストが異なりますので、今回は一般論としてお話致します。

導入コストですが、バルブだけなら1個あたり1万円程度であり、3メートルごとに1つのバルブが必要になります。また、これに加えて配管費用が掛かることになります。

従って、大まかにみて数十万円程度の導入コストがかかることになります。逆にこの程度で設備が設置できることになりますので、導入コストとしては非常に低い部類に入るかと思われます。

また、ランニングコストですが、水道代やメンテナンスコストが必要となります。

水道代については、一カ月あたり1.9t、約460円/バルブ程度ですので、面積によっては冷房装置を使うよりも安くなります。

更に水道を使わずに、雨水をタンクに貯めて利用した場合は水道代は無料となり、ポンプが使う若干の電気代と、年間のメンテナンスコストがかかることになります。