工場の屋根リフォームの必要性とドローン活用

近年、建設およびリフォームにおいてドローンの活用が急速に広がっています。その中でも、工場の屋根をリフォームする際のドローンの活用は、効率性、安全性の面で非常に有用と言われています。

このページでは、そもそもなぜ工場の屋根リフォームが必要なのか、またドローンが活用できる場面やメリットについて紹介していきます。

ドローンの登場

ドローンは、無人航空機としても知られ、リモート制御または自動飛行によって運用される小型航空機を指します。

これらの機器は、高解像度カメラサーモグラフィーLIDAR(Light Detection and Ranging)などのセンサーを備え、さまざまな用途に適しています。言うまでもなく、特に高所においてその力が大きく発揮されます。

リフォームにおいては、工場やビルの屋根の点検、評価は、ドローンが最も活躍できる領域です。

工場屋根リフォームの必要性

そもそも工場やビルの屋根は定期的なリフォームが必要です。

工場や工業施設の屋根は、風雨、紫外線、気温変動などの外部要因にさらされ、経年劣化や損傷のリスクが高まります。

工場や施設の屋根が劣化すると、さまざまな問題が発生する可能性があります。以下は、屋根の劣化によって引き起こされる主な問題点です。

1. 漏水と損傷

劣化した屋根は、雨漏りや水の侵入を引き起こす可能性が高くなります。

この結果、施設内部や機器に損傷を引き起こす危険性があります。水の浸入により、壁、床、電気設備などの損傷が生じ、修復や交換が必要になる可能性があります。

2. 内部の環境問題

屋根の劣化により、施設内の湿度や温度が制御できなくなることがあります。

湿気の増加や温度の変動は、作業環境を悪化させ、機器や在庫品に影響を与える可能性があります。特に、高湿度は金属部品の錆やカビ、結露などの問題を引き起こします。

3. 構造的な危険性

劣化した屋根は、その構造的強度を失い、耐久性が低下します。

風や雨、雪の影響を受けやすくなり、強風や荒天の際に屋根が損傷し、周囲の建物や設備に被害を与える危険性があります。これにより、施設全体の安全性が脅かされます。

ここ川口市でも、工場の屋根の雨漏りを修理していた事業者が、屋根に穴が開いたことで、工場内に落下して死亡するという痛ましい事故が起こりました。

4. エネルギー効率の低下

劣化した屋根は断熱性能を低下させ、施設のエネルギー効率に影響を与える可能性があります。断熱効果の低下により、冷暖房費用が増加し、エネルギーの浪費が生じることがあります。

これらの問題点からもわかるように、工場や施設の屋根の劣化は、施設運営や作業環境に深刻な影響を与える可能性があります。定期的な点検やメンテナンスが重要であり、劣化を早期に発見して修復することが、より大きな被害を未然に防ぐために重要です。

ドローンによる人的リスクの軽減

屋根リフォームを行う場合、足場を組むことが必要ですが、高所での作業に携わる作業員の安全性確保は長年の懸念材料でした。

厚生労働省は、足場に関する法定の墜落防止措置を定める労働安全衛生規則を改正し、令和5年10月1日(一部規定は令和6年4月1日)から順次施行するとしています。これは、氏名の記録が必要とされるなど、管理面で強化するものです

一方で、これをテクノロジー革新によって対処しようとするのが、ドローンによる点検です。ドローンによる点検では、人間の介入を最小限に抑え、安全な点検が可能です。

上記で、実際の事故について記載しましたが、事前にドローンで検査していれば、屋根に穴が開くリスクも事前に把握できる可能性が高まります。高所に登るリスクだけでなく、屋根の脆弱性リスクなども事前に把握することができるのです。

ドローンによるコストメリット

上記のように、足場を組む必要性が少なくなることで、コスト面でメリットがあります。

1. 足場設置のコスト削減

工場やビルの屋根リフォームプロジェクトでは、高所での作業や点検が必要であり、従来は足場の設置が一般的でした。足場の組み立て、維持、および撤去には当然高いコストがかかります。しかし、ドローンの活用により、足場を組む必要がなくなり、これに伴うコストが削減されます。

2. 作業期間の短縮による工数の削減

足場の設置と撤去には時間がかかるため、その分の作業期間が必要とされます。一方、ドローンによる点検とデータ収集は効率的で迅速であり、作業期間を短縮することができます。